台風19号がもたらした被害 – 伊豆の国市商工会青年部

台風19号が日本中を駆け抜けた日の朝
木下さんから青年部のグループラインに
「被害が出る前に、部員の共有ラインで安否、状況、避難情報などを共有して、落ち着いて身の安全を守ろう」
「浜北青年部の人達はそうしているようだから、自分達も見習おう」
と。
伊豆の国市内でも、場所によっての浸水状況やスピードは異なっており
確かに市内各地に事業所や自宅がある部員それぞれが情報を共有することで回避できる危険はあるよね!
青年部員の中には、こんな日だからこそ、地元の消防団として身を張っている人もいたことでしょう

台風19号の被害に合われた皆様の生活は、まだまだ戻り切っていない市町が全国にもあると聞きます
また、命を亡くされた方々にはご冥福を。
安心は、分かること(正しい情報を得る事)。安全は、見えること(状況の確認がとれること)
今後も、青年部内外問わず、情報を共有し合える仲間でありたいと思います